歴史民俗学科Department of
History and Folklore Studies

歴史民俗学科で
学ぶということ

過去から受け継がれてきた歴史と民俗、それを現代の地域おこしや文化財保護、観光資源にどのように活用し、未来へとつなぐかを考える。それが歴史民俗学科の学びです。

日本の古代から現代までのすべての時代区分の「歴史」、日本の各地域における信仰伝承や儀礼伝承などの「民俗」、それらの文化資源を地域おこしや観光に活用する「文化創生」の3つの分野から学びを深めます。
歴史民俗学科の学びのルーツは、日本の民衆の生活・文化・歴史を調査する「日本常民文化研究所」と、大学院の歴史民俗資料学研究科にあります。

歴史の教員、博物館学芸員、文化財行政、地域プランナー、研究者として、歴史や民俗を過去のものとせず、現代社会に寄与できる人材を育てていきます。

歴史民俗学科 メッセージ動画

現在を知るために過去を知り
未来のために活用する

国際日本学部のコンセプトである「世界を知る」をベースに、歴史民俗学科では、現在を知るために過去に学び、過去を知るからこそ現在をより理解できる、という双方向性も重視しています。

今、世界各地でさまざまな軋轢が生じていますが、これらは歴史認識のずれによるものが少なくありません。私たちは過去に学ぶことが必要であり、その学びなくして世界を見ることはできないのです。
学びを深めるうえでは、歴史学、民俗学という専門性を究めたうえで、常に課題意識を持って過去から読み解き、現代に応用する力が求められます。

高校までの歴史教科書では、大きな事件や重要人物だけに終始しがちですが、そうした歴史的事象の背景に、どのような普通の人々(常民)の生活があったのかを知り、現在までのプロセスを社会史・文化史や民俗の観点から学びます。

歴史と民俗の両方の観点を持ち合わせることは、文化創生という観点につながります。常民の生活文化、歴史を把握できているからこそ、現代の文化資源や観光資源の活用を考えられる人になるのです。

興味の幅を広げて学び
地域に役立つ人材になる

国際日本学部では学科間の垣根を低くし、学部共通科目やゼミナールなど、所属学科以外の学科の科目も履修することができるようにしています。

歴史民俗学科と日本文化学科では、重なり合う分野も多く、どちらも「日本」をベースに、歴史・民俗に軸足を置くか、文化に軸足を置くかによって、専門性が異なります。歴史・民俗を学びながらも、日本文化への興味を持つ人もいるでしょう。
国際文化交流学科の科目を履修し、地域でのフィールドワークや実習に加え、留学するチャンスも持ち、日本から世界へと視野を広げて考えることもあるでしょう。

歴史民俗学科では4年間の学びを通じて将来への選択肢を幅広く持ち、地域の活性化に役立つ人材を育てていきます。

入試の特徴

歴史民俗学科の一般入試では、地歴、公民を重視した試験を行います。

3科目受験となるA方式では、総点350点のうち150点を地歴、公民から選択した1科目に配点します。 2科目受験となるB方式では、外国語(英語)、国語、地歴、公民から2科目を選択して受験できます。(地歴、公民から2科目は不可)

詳しくは神奈川大学公式サイト「学部入試のご案内」を参照ください。

●一般入試A方式
外国語② 100点 国語(漢文除く) 100点 地歴・公民(1科目選択) 150点、総点350点
●一般入試B方式
得意な2科目を選択して受験 : 外国語② 100点 国語(漢文除く) 100点 地歴・公民(1科目選択) 100点、総点200点